苦情解決について

社会福祉法第82条により、利用者の皆さまと保育園のコミュニケーションの活性化を目指して「相談・苦情解決に関する規定」を設け、

利用者の皆さまの「要望等」に的確に応え、よりよい保育園づくりを進めております。

お気づきのことがあればどんな小さなことでも結構ですので、積極的に保育園に対してご要望くださるようお願いいたします。

 

苦情内容:

時期:平成28年4月

 

内容:保育園前の駐車場から保育園に登下校する際に小学校前の信号を渡らず、信号無視する人多い。小学生も見ているので教育上よくない。

改善報告:小学生の登校時間と、保育園の登園時間が重なるため朝は保育士が必ず外に立ち挨拶運動を実施する。

保護者の方へのお願いは向かいの駐車場に車をとめたときは、必ず小学校の前の信号を渡ってもらうようお手紙を配布。玄関にも張り出しをしました。

 

結果:とても協力的な保護者のみなさんのおかげで時間の余裕ある時間に登園してくれ向かいの駐車場にとめた際は、必ず小学校の前の信号を渡ってきてくれるようになりました。

また、雨などの日は、向かいの駐車場で待機し、保育園下の駐車場が空き次第移動する方もいます。

 

平成28年11月

保育園下の駐車場の利用について

内容:保育園下の駐車場からバックして出る車が危ない。

歩けるなら違う駐車場から歩いてはどうか?

改善報告:大変ご迷惑をかけて申し訳ございません。どうしても小さい子や兄弟で小さいお子さんを抱えている方が多いので

一番近い駐車場を中止にはできないので

現在、保育士が朝に立っているのですが、その立つ保育士がわかりやすいように旗か安全棒を持つようにし、もっと注意を促していきます。

保護者の方にも安全に対しておたよりを出させていただきます。